ジョン・レノンの魂 ~アーティストへの脱皮~

2010年 イギリス/日本 86分
監督:エドマンド・クルサード
脚本:ロバート・ジョーンズ
出演:クリストファー・エクルストン
    森尚子
    クリストファー・フェアバンク
NHK ハイビジョン特集フロンティアで放送されたBBCとNHKによる国際共同制作ドラマ 。
ビートルズのメンバーたちとの衝突、全幅の信頼を寄せていたマネージャーの死、妻シンシアとの感情の亀裂・・・。仕事と私生活の両面で崖っぷちに追いやられ、音楽家としても家庭人としても方向性を見失いかけていた20代後半、ジョンは、後の人生を決定づける二人の人物と出会う。一人は、ジョンが6歳の時に消息を絶った父親のフレディー。そしてもう一人は、後のパートナーとなる前衛芸術家のオノ・ヨーコだった。
ジョンは、父親との関係修復を図る過程で、それまで封印していた辛い過去と向き合う。莫大な富と揺るぎない名声を手にしてもなお、埋めることの出来ない心の空洞。その原因は、幼少期の体験にあったことに気づき始める。同じ頃、ヨーコと運命的な出会いを果たしたジョンは、彼女との関係を深めることで、表現者として新たな地平を見いだしていった。過去と未来、憎しみと愛情、破壊と創造・・・いくつもの矛盾を抱えながら、自分探しを続けるジョン。
 ポップ・アイドルからアーティストへの脱皮を図ろうともがき苦しんだ、ジョン・レノンの変容期を描く。
画像

この記事へのコメント

2010年06月22日 20:49
こんばんは お洒落なラベル、  こんなの見たことな~い

この記事へのトラックバック