郵便配達は二度ベルを鳴らす (1942年版)

1942年 イタリア 113分
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
原作:ジェームズ・M・ケイン
出演:マッシモ・ジロッティ
クララ・カラマーイ
ジュアン・デ・ランダ
エリオ・マルクッツオ
 原作はジェームズ・M・ケインの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』だが、クレジットでは示されていない(原題はOssessione, 「妄執」の意)。原作者の許諾を得ることなく映画化された違法な作品であるため、イタリア公開時に数日で上映禁止となり、長らく「幻の処女作」と呼ばれていた。アメリカでの公開はヴィスコンティの死後、1976年のニューヨーク・フィルム・フェスティバルであった。日本ではタイトルをケインの小説に合わせて1979年に公開された。
 舞台をカリフォルニアから北イタリアのポー河沿いに移し男女の策略と悲哀を描いた傑作。ルキノ・ビスコンティの長編デビュー作であり、イタリア映画界においてネオレアリズモの先駆けとなった作品である。
 北イタリア、ポー河沿いで夫ブラガーナとレストランを営むジョヴァンナは、ある日店に現れた流れ者のジーノに魅せられる。ジーノとジョヴァンナは夫の留守中に肉体関係を持ち、駆け落ちしようとするが、ジョヴァンナは途中で罪悪感に襲われて引き返してしまう。ジーノは1人で放浪を続け、ジョヴァンナを忘れようとするが、旅先の港町でブラガーナ夫婦と再会してふたたび店に戻ってしまう。2人はブラガーナの殺人を計画し、自動車事故を装って実行するが。
画像

画像



郵便配達は二度ベルを鳴らす [DVD]
アイ・ヴィ・シー
2002-07-25

ユーザレビュー:
ヴィスコンティでない ...
名監督ヴィスコンティ ...
注意!この作品は好き ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 郵便配達は二度ベルを鳴らす [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942)

    Excerpt: 紀伊國屋書店 郵便配達は二度ベルを鳴らす デジタル・リマスター 完全版 先日、1981年のボブ・ラフェルスン監督版 を見たのですが、今回は、ルキノ・ヴィスコンティの処女作と.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2010-10-22 06:40
  • ルキノ・ヴィスコンティの「郵便配達は二度ベルを鳴らす」を観た!

    Excerpt: 巨匠ルキノ・ヴィスコンティの1971年の作品、「ベニスに死す」はもう何度か観ています。マーラーの楽曲で始まるこの映画、トーマス・マンの原作を、主人公の設定を文学者からマーラーをモデルの作曲家として映画.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2010-10-22 13:11