暁の7人

1975年 アメリカ 120分
監督:ルイス・ギルバート
出演:ティモシー・ボトムズ
ニコラ・パジェット
アンソニー・アンドリュース
マーティン・ショウ
ジョス・アックランド
 第2次大戦中、ナチス高官を倒すべく敵地へ送り込まれた暗殺部隊の苛烈な運命を、実話に基づいて描き、後の「イングロリアス・バスターズ」に大きな影響を与えた戦争映画。
 ナチス・ドイツが占領したチェコで苛烈な圧政を敷き、“絞首人”の異名をとって恐れられた親衛隊高官、R・ハイドリッヒ。連合国軍は彼を排除すべく、ひそかに暗殺部隊を送り込むことを決定。その気になる暗殺計画の成否と、彼らを待ち受ける苛酷な運命を、「007」シリーズでもおなじみのL・ギルバート監督が息詰まるタッチで描く。なお、同じ実話事件は、フリッツ・ラング監督の「死刑執行人もまた死す」や、ダグラス・サーク監督の “Hitler's Madman(原題)”(共に1943年)として先に映画化されている。
1941年、イギリス。連合国軍は、チェコで苛烈な悪政を敷いているナチスドイツの司令官ハイドリッヒをひそかに暗殺する計画に着手。その“暁作戦”の実行メンバーに選抜されたチェコ解放軍の3人の若者、ヤン、ヨゼフ、カレルは、早速チェコへと潜入し、同地のレジスタンスの闘士たちと協力しながら、暗殺計画の実行の機会をうかがう。ハイドリッヒがプラハから立ち去る日が迫るなか、いよいよ彼らは計画を実行に移すのだが……。 DVD化されてないようです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ひーさん
2010年11月28日 10:35
おお、コレはまだ見ていなかった作品です。wowowで「イングロリアス・バスターズ」関連でやってたような…。チェックします。RE940さんのレベのお陰で気がつくことも多く、いつもいつも感謝でございます~<(_ _)>
2010年11月28日 20:06
ひーさん、史実に基づいて作られたというのですが、とても重たい映画です。
終盤のシーンが「イングロリアス・バスターズ」に影響を与えてるようです。
eighth944
2019年07月04日 06:49
写真の構成、センスが良いDVDラベルですね!
俺も欲しい。

この記事へのトラックバック