御用金

1969年 東宝 123分
監督:五社英雄
出演:仲代達矢  中村錦之助 丹波哲郎
司葉子 浅丘ルリ子 東野英治郎
 五社英雄(当時はフジテレビの演出家)が田坂啓とともに書いたオリジナル脚本を監督し映画化。フジテレビ初の劇場映画であり、公開と同時に「週刊少年キング」誌上に劇画版が連載された。
 鯖江藩領内の漁村で、すべての村民が忽然と姿を消した。人々はこの事件を“神隠し”と呼び恐れおののいた。三年後、江戸にいた脇坂孫兵衛は鯖江藩士に襲われる。財政難にあえいでいた鯖江藩が、難破した船から御用金を横領し、口封じのため村民たちを皆殺しにした。それが三年前の“神隠し”の真相だった。そして孫兵衛はその真相を知っていたために、藩士に襲われたのだった。鯖江藩の家老である六郷帯刀が二度目の“神隠し”をもくろんでいることを知り、孫兵衛は計画を阻止すべく立ち上がった。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

夢見
2012年07月20日 12:34
はじめまして
「本と映画の雑談室」の夢見です
先日はトラックバックを有難うございました

侠(おとこ)気から錦之助さんが急遽引き受けられた代役ですが
かなうことなら三船敏郎氏の同役で観たい映画だったと思いました
2012年07月20日 20:57
夢見さん、はじめまして、こんばんは。

遅ればせながらTB付けさせていただきました。事後報告ですみません。
夢見さんは色々とやられてらしゃるんですね。素敵なブログです。
有難うございます
2012年07月21日 23:42
こちらこそ ご挨拶が遅れ申し訳ありません
有難うございます

日ごろは娘にパソコンとられてて(笑) 携帯からブログへ送信しています

それでTBとかなかなかきづけなくて^^;

テーマ別にきっちり整理されていてーすばらしいですね

この記事へのトラックバック

  • 「御用金」(1969年 東宝)

    Excerpt: 天保2年越前国鯖井藩で黒崎村漁民30名が神隠しに遭い姿を消す 実は難破した幕府御 Weblog: 本と映画の雑談室 racked: 2012-07-20 12:37